auひかりへ他者からの乗り換え方法

2018年12月27日


■ auひかりのプロバイダーを選ぼう

auひかりのプロバイダーは7つありau one net、So-net、@nifty、BIGLOBE、@T-COM、ASAHIネット、DTIです。
メールアドレスを残したい場合は、フレッツ光やソフトバンク光にもあるプロバイダーを選ぶのが良いといいと思います。
また、auひかりは代理店経由で申し込みもできます。
ただし、申し込み窓口を調べないと高額キャッシュバックは得られません。
auひかりのメリットとして、フレッツ光はプロバイダーを選択に別料金がかかりますが、auひかりはプロバイダー選択に別料金がかかりません。

■ 乗り換えのメリット

まず、月額料金が安くなります。
フレッツ光と比べるとauひかりはいろんな意味で安くなっています。
それは、プロバイダーの料金がかかるか、かからないかで変わってくることです。

 

auひかりは基本的にプロバイダー料金がかかりません。
auのスマホを持っている方は、auの固定電話も加入すると最大2000円割引になります。

データ定額プランによって変わってきます。
少なくとも934円割引になり12か月分に換算するとかなりお得ですよね。
速度の方も速いですね。
auひかりは独自の通信回線を使っているからです。

 

フレッツ光は、ソフトバンク光などと共同利用しているため回線が混雑しやすい状況になりやすくなっています。
また、解約金をキャッシュバック出来る場合があります。
少なくても9500円の違約金がかかることがありますが、キャッシュバックして違約金を無しに出来る場合があるということです。
その他に上記とは別の50000円キャッシュバックがもらえます。※2018年7月時点

■ 乗り換えるにあたり知っておく注意点

auひかりのエリアが狭いauひかりのサービス提供エリアは、フレッツ光より少ないです。
関西と中部エリアではマンションタイプは利用できますが、戸建てタイプが利用できないため、プロバイダーが変わってしまいます。
ただし、メールアドレスは月々200円程で残すことが可能です。
プロバイダーに電話連絡することで、済むので簡単です。
プロバイダーの連絡先が分からない場合などはフレッツ光を解約する時に電話で聞くといいでしょう。

 

悪質な代理店もあり注意が必要です。
いくつか例を上げてみると、キャッシュバックまでに1年以上かかる、ほかの申し込み者2~3人の紹介が必要になる、高額な有料オプションに入るなどが申し込み条件だった場合は気を付けた方がいいと思います。

 

「株式会社グローバルキャスト」さんのauひかり申し込みサイトを経由して契約すると最大で147,500円ものキャッシュバックが受けられます。

フレッツ光の違約金は、東日本エリアと西日本エリアで変わってきます。
まず、東日本エリアは2年割の違約金更新月以外で解約すると戸建てで9500円、マンションで1500円の解約金が発生します。
西日本エリアの場合、光もっと2割、またはどーんと割で利用年数に応じた5000円から30000円の解約金がかかります。

 

賃貸で光ファイバーの導入工事をする場合は、必ず大家さんか管理会社に許可を取るのが必要です。
電柱から新しい光ファイバーケーブルを宅内に引き込むので、自分の持ち物件でしたら何の問題もないのですが、賃貸の場合は管理会社などが許可を出さなければ、工事が出来ません。

基本的に許可はカンタンに済みます。
電話などで口頭にて管理会社などがいいと言えば大丈夫です。
一部例外もありますが、管理会社がインターネットに詳しくない方などは断ることがありますが、ケーブルの引き込み作業と言うと比較的了承されやすくなります。
それで大体は許可してくれることが多いです。
これを怠るとあとから、トラブルになる場合もありますのでご注意ください。

■ auひかり回線工事

auひかりは、地域などによってNTTの光ファイバーを利用している場合があります。
そのため、以前にフレッツ光を利用していた場合は、NTTの光ファイバーの引き込み線をそのまま利用して工事を行うので乗り換えが早く終わる場合があります。
これは、地域や自宅の状況によっても変わるので、申し込んでからでないと、回線がどんな状況か再利用できるかどうなるかわはわかりません。

 

状況によりauひかりの回線を新たに引き込まないといけない場合があります。
フレッツ光でひかり電話を利用していた場合、auのひかり電話に電話番号を移行する事が可能です。
ただし、フレッツ光を申し込んだときに新たに電話番号を発行した場合は、auのひかり電話に番号を移行できないです。

 

auのひかり電話のデメリットは、auひかりの回線工事と同時にauのひかり電話が使えるわけではありません。
利用できるまでに工事完了から、数日から2週間ほどかかります。
その間は、フレッツ光のひかり電話をつかうことになり、NTT対応ルーターがその間必要になります。
auひかりに申し込む場合、ONU(光終端装置)と呼ばれるものがあり、インターネットに接続するのに必ず必要となる機器なので、保管しとくのが良いですね。
戸建てタイプの場合は、光回線を自宅内へ引き込むので、ONU設置場所で光回線を引き込む場所が変わってきます。
再工事を依頼した場合最低でも15000円の工事費がかかります。
ONU設置場所は決めといた方がいいと思います。

©2018 auひかり メディアサイト