戸建ての方はauひかりホームがおススメ!

2018年10月18日


■ auひかりホームとは

KDDIが提供する光回線を利用してインターネット接続を可能にするauひかりは、「auひかり ホーム」と「auひかり マンション」の2タイプがあります。
「auひかりホーム」とは、一戸建てに住んでいる人にインターネットを提供するためのプランのことです。

■ 回線速度

現在インターネットの速度は、1Gbps、5Gbps、10Gbpsから選ぶことができます。
2018年2月8日に、auひかりの高速通信サービスの『auひかりホームV(ファイブ)』と『auひかりホームX(テン)』が発表されました。

 

今までの1Gbpsのホームタイプの契約に500円~1,280円の料金を追加することで、最大速度を5Gbps、または10Gbpsにアップグレードすることができるようになったのです。

 

1Gbps以上の回線速度を持つ光回線は、これまでNURO光しか存在していませんでした。
これからの時代は、4Kや8Kのテレビやストリーミング配信などが主流になってくると考えられるので、超高速回線を利用する選択肢が増えたことはユーザーにとって喜ばしく、大変意味のあることだと思います。
しかし現在のところ、5Gbps、10Gbpsの超高速回線を利用できるのは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに限られているので注意が必要です。
まだ関東圏にとどまっている現状ではありますが、提供エリアはこれから徐々に広がっていくと思われます。
また、マンションでの利用は現在のところ利用できません。

■ 料金プラン

「ずっとギガ得プラン」、「ギガ得プラン」、「標準プラン」があります。
「ずっとギガ得プラン」は、3年単位の継続利用を条件に、auひかりのインターネットサービスの利用期間に応じて料金を割り引くプランです。
利用1年目の月額料金は5,100円、2年目は5,000円、3年目以降は4,900円
となっています。
「ギガ得プラン」は、2年単位の継続利用を条件に、月々の利用料金が標準プランよりも安くなる料金プランです。
月額料金はずっと5,200円
となっています。 

最後に「標準プラン」ですが、こちらは契約期間の条件はなしで、月額料金は6,300円となっています。

 

auひかりの場合、料金の中にプロバイダ料も含まれているので、上記の月額料金を支払うだけでインターネットの利用ができることになります。
またオプションとして、電話サービス、テレビサービス、無線LANルーターレンタルサービスが、それぞれ月額500円(電話の2契約目以降は+450円)で利用可能です。

■ 開通までの流れ

まずは利用するプロバイダから申し込みを行います。
この際、提供エリアの確認を行ってください。
申込内容に沿って、KDDIで受付・事前調査が行われます。
この時、プロバイダによっては、申込みから1週間~10日程度で必要書類が郵送されることがあります。
受付・調査終了後、KDDIより工事可能日の連絡が入ります。
土日祝日の開通工事は別途3,000円かかるので注意が必要です。
また連絡の後、家の中に設置する機器と案内冊子が郵送されます。
工事の当日になると、専門の業者が自宅の最寄りの電柱から光ファイバーの引き込みをし、自宅の中に光コンセントを設置します。
この時は立ち合いが必要になります。
賃貸住宅の場合は、開通工事の前に建物所有者の承諾が必要となるため、工事の前に建物所有者へ自分で説明を行い、承諾を得なくてはいけないのでご注意下さい。
工事終了後、自分で機器を接続します。
各種設定についてはプロバイダ別サポートを確認し、設定してください。
また、KDDIから届く機器を自分で宅内に取り付けます。
よくわからない方や設置に不安のある方は、専門スタッフが自宅に出向いて設定する「かけつけ設定サポート」というサービスがありますので、利用してみてはいかがでしょうか。
工事が完了し、接続設定が終わりましたら、auひかりホームが利用できるようになります。

■ auひかりホームの解約について

auひかりホームの解約手続きは、KDDIではなくプロバイダに申し込む必要があります。
契約はauショップ等でできても、解約はできませんのでご注意ください。
プロバイダへの連絡方法は、請求書やメールなどに書いてあるはずです。
またその際、IDとパスワードが必要になる場合があるので、事前に確認しておくと手続きがスムーズになります。
解約手続き後は機器の返却をし、撤去工事を行う流れとなります。
機器の返却については、返却する機器や宛先等についてお知らせがあるので、必ず従ってください。
返却しないで放置しておくと機器代が請求されます。自宅内に取り付けられている光コンセントや、敷設されたケーブルの撤去に関しては、auひかりの場合は任意での撤去となります。
撤去を依頼すると撤去工事料金として10,000円がかかります。

撤去がいらない場合はそのままにしておいても問題ありませんが、借家や賃貸アパート等の場合は原状回復の必要があるため、撤去を依頼しなければなりません。
2018年3月1日以降にauひかりホームの新規・変更申込みをした場合は、撤去工事が任意ではなくなり、撤去工事費用が28,800円かかります。

©2018 auひかり メディアサイト