auひかりのホームタイプの料金プラン3つを比較検討

2019年06月14日


■ auひかりのホームタイプによる違いを把握

 

auひかりをこれから利用するにあたっては、ホームタイプの料金プラン3つから選択することになります。
マンションタイプはアパートやマンションなどの集合住宅に対応したプランです。
集合住宅であってもマンションタイプが対応していない場合はホームタイプを選択することになります。
ホームタイプの3つの料金プランはそれぞれで異なるものであることを認識した方がよいでしょう。
「ずっとギガ得プラン」は3年間auひかりを利用する人を対象にし、利用年数に応じて月額料金が割り引くのが特徴です。
1年目が5100円、2年目が5000円、3年目が4900円と段階的に安くなっていくのが「ずっとギガ得プラン」となります。
ずっとギガ得プランを選択するにあたっては、3年の継続利用が条件となっています。
もしも3年以内プランの変更や解約をする場合は契約解除料が15000円かかるため、3年の利用を前提とした方がよいでしょう。
「ギガ得プラン」は2年間の利用継続が条件となります。
月額料金は5200円で固定です。
2年以内のプラン変更や解約には契約解除料が9500円かかります。
当然ながら2年間の利用を前提として考えるべきです。
「標準プラン」は利用継続の条件がなく、プランを変更しても解約をしても契約解除料は必要ありません。
しかし、毎月の月額料金に割引はなく、月額6300円で固定となります。
どのプランを選択すべきかついては、それぞれの都合によって異なるものです。
ずっとギガ得プランを選択すれば最もお得な月額料金となるのは明白となります。
月額料金だけのことを考えるのならずっとギガ得プランを選択するのがよいでしょう。
しかし、プランの変更や解約する可能性があると判断する場合は慎重に選択しないといけません。
ギガ得プランを選択するにしても同様であり、プランの変更や解約する可能性を考慮しての選択が望ましいといえます。
最も気軽に選択できるのが標準プランとなります。
どのプランを選択するにしても後に後悔しない選択としないことを前提としましょう。
突発的な出来事はしょうがないものの、予定を立てたうえでの選択を心がけるのが望ましいです。

■ auひかりのプロバイダによる差に注目

 

auひかりを利用するにあたってどのプランを選択するかがひとつのポイントになるのは間違いありません。
さらに、どのプロバイダを選択するかも重要な要素となります。
「So-net」の場合はメールアドレスが4つまで無料であるとともに、セキュリティが月額500円でリモートサポートが月額300円であるのが特徴です。
「BIGLOBE」はセキュリティが月額380円、リモートサポートは月額475円です。
「@TCOM」はメールボックス容量が無制限でホームページ容量は20MBまで無料となります。
このようにそれぞれのプロバイダによっての違いが明確に存在するため、それぞれの都合に沿った選択を心がけるのが望ましいです。
auひかりの月額料金のなかにはプロバイダ料金も含まれているため、別途プロバイダへ支払う必要はありません。
しかし、それぞれのプロバイダによって異なるオプションがあるため、必要であると思ったオプションがある場合は要注目です。
また、プロバイダによる違いのみならず、お得に申し込みができるかどうかも無視できません。
auひかりに申し込みをする店舗、代理店、代理店ホームページによってキャンペーン内容は異なるものです。
申し込みをする以上は、できるだけキャッシュバック額が多い選択をしたいと思うのは当然といえるでしょう。
そして覚えておかないといけないのはキャッシュバック額が高額になると何かしらの条件をクリアしないと高額なキャッシュバック額を貰えないということです。
有料オプションへの加入や申し込みとキャッシュバック額を貰うまでに数カ月かかる場合もないわけではありません。
簡単な手続きですぐにキャッシュバックを貰える選択をすることも視野に入れた方がよいでしょう。

■ auひかりを選択すべきかどうか

 

auひかりを選択すべきかどうかは人それぞれ異なるものです。
ひとつのポイントになるのはauの携帯電話やスマートフォンを利用しているかどうかです。
携帯電話やスマートフォンの料金が安くなるセットはインターネットサービスにおいて今や当たり前となっています。
さらに、今後もauの携帯電話やスマートフォンを利用するかの問題もあります。
auひかりを選択することによってさまざまな魅力があるものの、いちがいに選択すべきかどうかはまた別問題と覚えておいた方がよいでしょう。
ホームタイプを選択する場合は料金プランの3つを比較検討しての選択を心がけるべきです。
どの選択をしたとしても決して間違いではないからこそ、選択するのが難しくなってしまう理由となります。
本当に選択すべきかどうかは今現在のみならず、先々のことまで含めて総合的に考えないといけません。
画一的に考えるのは失敗してしまう理由につながります。
©2018 auひかり メディアサイト