auひかりに変えると回線の速度が速くなるって本当?

2019年05月14日


■ 今までどんな光を使っていましたか?

現在ではどこの家庭でも手軽にパソコンからインターネットにアクセスできる時代になりました。
そして、その回線もインターネット黎明期の頃から比べると考えられないほどに速度が速くなりました。
かつては文字だけの掲示板のような機能から始まったインターネット文化も、今では自由に写真をアップしたり動画を見るだけでなく、様々な楽しみ方が簡単にできるようになりました。
 
これもISDNやADSLといった、電話回線を利用したかつてのインターネット回線から光ファイバーを利用した光回線へと移行したことが大きな理由の1つとなっています。
光ファイバーとは、離れた場所に光を伝えることができるものです。
たくさんの光ファイバーを束ねてライトなどで先を照らすとファイバーの中を通過した光が先端まで伝わり仄かに光ります。
この光を伝えるという性質を利用してインターネットに利用するのが光回線です。
 
光回線が普及しはじめた当時は、その通信速度の速さやインターネットの便利さを広めるためにNTTのフレッツ光が量販店の店頭などで加入者の募集やキャッシュバックキャンペーンなどを行っていました。
そのため、現在でもフレッツ光を利用しているという人も多いでしょう。

■ 光回線を使っているのにインターネットが遅く感じられる!

従来の回線と比べると光回線は格段にスピードが速く、写真が多いネットショッピングやデータ量の大きい動画も観賞できるというところが魅力です。
しかし、実際に家庭のパソコンを光回線で繋いでいるにも関わらず、何だか通信速度が遅いと感じている人もいるのではないでしょうか?インターネットには「上り」の回線と「下り」の回線があります。
 
上り回線は自分のパソコンから画像やメールなどをアップロードする際に使われる回線で、下り回線はホームページを閲覧したり動画を鑑賞する時にネット上から自分のパソコンにデータをダウンロードする時に使われている回線のことを示します。
普段ネットサーフィンを手軽に楽しみたい、動画を見たいという場合でも下りの速度が10~30Mbpsあれば十分と言えます。
一方で、NTTのフレッツ光の通信速度は1Gbps(1000Mbps)を誇っています。
 
しかし、自宅で契約しているのはフレッツ光なのに動画が途中で途切れてしまう、画像の多いページの読み込みに時間がかかるという不満を持っている方もいるのではないでしょうか?
こうした時にはアプリなどを使って実際の回線速度を計ってみましょう。
すると思っていた以上にスピードが出ていないということがあります。
なぜ宣伝されている速度と実際の速度が異なるのかと言うと、利用している回線が混みあっているなど様々な原因が考えられます。
あくまでも、企業が提示している速度は理論で出されている最高速度の数値なので、実際に利用してみると環境によっては思ったほど速度が出ないということが起こります。

■ auひかりに乗り換えてスピードが上がったという声も?

フレッツ光の速度に満足いっていなかったというユーザーの中で、auひかりに乗り換えたことで以前よりインターネットがサクサクと使えるようになったという声があります。
auひかりの回線速度も1 Gbpsなので理論上の最高速度はどちらも変わりません。
 
しかし、ネットでの評判を見ると、回線をauひかりにしたことで速くなったと言う声や反対に遅くなったと言う声も見られます。
これは実際に使っている環境によって大きく異なるためフレッツ光からauひかりに乗り換えてもどう違いが出るのかは、やはり使ってみないことにはわからないと言うところが多いでしょう。
しかし、現在使っている他社の光回線のプランとauひかりのプランを比較してみてお得に使えるなど他のメリットがある場合にはauひかりへの乗換えも検討してみるとよいでしょう。
©2018 auひかり メディアサイト