auひかりのプロバイダについて

2018年05月25日


 

 

■ プロバイダによる差

プロバイダってなに?と思う方もいらっしゃるかと思いますので少し説明をしますと、プロバイダとは、インターネットに接続するサービスを提供する会社の事!正確には、インターネット・サービス・プロバイダー(略してISP)と呼ばれているそうです。
auひかりは、プロバイダによる料金変更がなく各社ともサービスに大きな差はありませんが、敢えて違いを書くとするとメールサービス(アドレスの数、メールボックスの容量)に違いがあることかと思います。
プロバイダのメールアドレスを複数使う機会は少ないですし容量も制限のある5GBでも十分です。
また、アドレスの数であれば一人暮らしであれば複数は必要ありませんし、家族で使うのであれば複数使えるプロバイダを選べばよいのです。メールアドレスがたくさんあった方がいいと思う人はau oneやso-net、BIGLOBEあたりがいいと思います。
それ以外は機能面の差があまりないのでほとんど気にしなくていいかなと思ったりします。
また、so-netとBIGLOBEは初期設定出張サポートが無料で出来るので、インターネットの初期設定をお願いしたい場合はこの2つがお勧めです。
ちなみに@Tcomはマンションギガが使えないのでそこだけは注意が必要です。

■ キャッシュバック

やはり契約するときにはお得感が欲しいものですよね。その中でもキャッシュバックは。選んだプロバイダによって貰えるキャッシュバックが変わってくるので少しでもお得なところを選びたいです。
しかし1つ注意点があります。プロバイダは代理店との連携でキャッシュバックを行っているので、同じプロバイダでも入る場所によってはまったく出ないことがあります。
例えばSo-netを例に出すと、auショップや公式サイトで「So-net」を選んでもキャッシュバックは出ませんが、ネットから申し込むとなんと「55,000円」もの高額キャッシュバックが貰えるようになります。
auひかりはプロバイダ料が別途でかかりませんし、選べる7社はどれもメジャーで安心出来るプロバイダなのでどれを選んでも失敗はありません。
なので、「ネット上で一番高額キャッシュバックをしているプロバイダを選ぶ」という方法が一番お得ですしオススメ出来る方法と言えます。
キャッシュバックは、選んだプロバイダによって時期が異なりますが、あるのとないのとでは雲泥の差であり、先述している申込み方法には、細心の注意を払いたいものですね。

■ auひかりとNNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズで申込む際には面倒に感じる書類やメールなどのやり取りが一切なく、申込みの電話一つで手続きが完了することがまず魅力的に思います。
これは、仕事や家事で日々忙しくしている身からしても簡素的に感じ余計に時間を取られない感がしますね。
そのメリットだけにとどまらず面倒な手続きを簡素化することにより、消費者の立場としては非常にありがたい、キャッシュバックが100パーセント貰えるというシステムが確立されています。やはり、シンプルイズベストなのですね。
また、キャッシュバック還元時期も明確で、開通から早い時期に受け取ることができます。
そして、申込者の立場に立ってるなーと感じられる対応も感じたり、わかりやすくキャンペーンの内容も教えてくれ、その後のサポートも細かい点もまた安心ポイントですね。
他にも、電話オプションパックも併せて申し込むことで、他者からの乗換えでによる違約金も最大で30,000円まで負担してくれるという出血大サービスっぷりも消費者の強い味方だと思います。
現在、他社からの乗換を検討している方にはぜひとオススメしたいところですね。

■ お勧めのプロバイダー

個人的にお勧めしたいプロバイダーはランキング堂々一位のSo-netです。So-netはソニーの子会社が提供しているプロバイダーであり、安心できる大手の提供するプロバイダーの中でもお得になっていることが魅力の一つです。キャッシュバックの現金55,000円は他社と比較しても非常に大きな金額であり、その他にも充実したサポートサービスにより困ったときでも安心ができます。
サポートサービスにはいくつか種類があり、So-net暮らしの安心サポートでは、機械だけでなく鍵のトラブル、水周りのトラブル、窓ガラスのトラブルなどにも対応してもらえます。インターネットだけではなく、生活全体をサポートしてもらえるのは安心感がありますよね。
インターネット上でSo-netに対する口コミを調べてみても、回線速度や回線の安定性など接続サービスに対してはおおよそ良い評価を得られていますが、電話サービスに関しては、さらなるサービスの向上を図れるのでは、という意見を持つ方も少数いらっしゃるようです。
しかし、そういった面でも更なる発展が見込めることを含めて、お勧めできるプロバイダーと言えます。
©2018 auひかり メディアサイト