auひかりの通信速度はなぜ遅い?効果的な6つの対策方法とは

2020年11月02日


■ auひかりの通信速度が遅い理由について

 

auひかりの通信速度が遅いと不便で使いにくいと感じるでしょう。
特にインターネットを頻繁に利用する方にとっては死活問題につながるものです。
しかし、auひかりの速度が遅い理由は多岐にわたっており、どの原因であるかをしっかり確認しないといけません。
まず、auひかりを利用している環境及び回線の状況によって通信速度は大きく異なるものです。
auひかりがベストフォート方式を利用していることを頭に入れておいた方がよいでしょう。
通信機器の規格やデバイスが影響している可能性もないわけではありません。
最大速度に対応していない通信機器を使用している可能性を考慮し、LANルーター、LANケーブル、LANポートのスペックを確認しましょう。
規格が対応していない場合は買い替えも視野に入れた方がよいといえます。
回線が混雑すると、どうしても速度は遅くなってしまいます。
夜間は特にインターネットを利用する方が多くなり、利用地域でアクセスが集中して混雑してしまう可能性もないわけではありません。
マンションタイプでauひかりを利用している場合にVDSLの配線方式を採用していると、通信速度が遅くなることもあります。
新しい集合住宅やマンションタイプの場合は光ファイバー方式やイーサ方式が導入されています。
事前にVDSLの配線方式であるかを確かめておいた方がよいでしょう。

■ LANケーブルやプロバイダの変更

 

ルーターと接続する機器、ホームゲートウェイに問題がなくとも通信速度が遅い場合はLANケーブルの変更も視野に入れた方がよいでしょう。
LANケーブルの規格が1Gbpsに対応しているかが重要となります。
今現在利用しているLANケーブルの規格を購入する前に確認しておいた方がよいでしょう。
また、プロバイダの変更によって通信速度が改善されることもあります。
しかし、安易にプロバイダの変更をするのはおすすめできません。
一度解約してから再度契約を結ぶという方法でしかプロバイダの変更ができないためです。
さらに、プロバイダの変更をしても月額料金こそ変わらないものの、違約金と初期費用がかかってしまいます。
気軽に試せる方法ではないからこそ、ほかの方法を試したうえでの最終手段とするのが望ましいです。

■ auひかりの通信速度が遅いときに試してみるべき4つの方法

 

auひかりの通信速度が遅いときにホームゲートウェイやルーターを再起動するのが肝心です。
再起動することで動作が正常化し、通信速度が元の速さに戻ることもあります。
もちろん、ホームゲートウェイやルーターが古いのであれば、変更も視野に入れていきましょう。
通信機器がauひかりの高速通信に対応していない場合はまずスペックを確認すべきです。
サポートセンターやプロバイダにも連絡をしていきましょう。
通信速度が改善する改善策が見つかることもあります。
そして、v6プラスのサービスがあるSo-net光に乗り換えをしましょう。
利用者が多いPPOoE接続の回線を使用しないからこそ、回線の混雑を回避できるのが大きいといえます。
So-net光はauひかりから乗り換えてもスマホとセット割引であるauスマートバリューも継続して適用できます。
これらの4つの方法のどれを選択すればよいかはいちがいにはいえません。
まずはそれぞれの方法を試してみるのがよいといえます。
さらに、auひかりの通信速度が遅い原因を理解していきましょう。
正しい対策を行うことで改善につながります。
しかし、どうしても利用者が多い場合はこればかりはどうしようもないといえます。
時間帯によっては通信速度が遅くなってしまうことがあるため、あくまでも自分でできる対策を行っていきましょう。
©2018 auひかり メディアサイト