auひかりの契約にまつわるちょっとした疑問を解決

2020年08月03日


■ 住んでいるアパートやマンションで契約できない場合

 

いくらauひかりを契約したいと思っても、住んでいるアパートやマンションで契約をできないとなると、どう対処すればよいか頭を悩ませるところです。
auひかりを選択すれば、料金や速度やキャッシュバックなど、さまざまな魅力があります。
ただ、契約ができないと何も進まないものの、解決方法はあります。
auひかりが契約できない理由は、大矢の許可を得られない、住居が3階以上、auひかりが未導入といった3つです。
これらに対しての解決策としては、ホームタイプで契約できる可能性があるかどうかです。
公式サイトのエリア確認ページで、ホームタイプにチェックを入れることでエリア内かどうかを調べましょう。
大家に粘り強く交渉をしていくことも大切で、auから工事予定の図面をもらって大家に説明をするのが望ましいです。

■ 契約する窓口に要注目

 

auひかりの契約方法は申込窓口、ショップ、家電量販店、代理店の4つあります。
この4つのなかで最も魅力的な方法となるのは、代理店です。
ほかの方法ではキャッシュバックをあまりもらえません。
代理店によっては5万円以上のキャッシュバックが現金で振り込まれるため、魅力的です。
代理店を利用する場合はインターネットを活用すればそう難しくはありません。
どういった対応をするかによってキャッシュバック額が大きく変わるため、慎重に選択した方がよいでしょう。
 今の時代においてはインターネットを活用すれば、契約する窓口にどういった差があるのかを知ることができます。
ちょっとした対応の違いによって大きな金額差となるのが特徴であり、安易に対応しない方がよいといえます。
代理店はそれぞれで独自のキャンペーンやキャッシュバックを展開しています。
そして、公式のキャンペーンも併用できて、代理店同士の競争も激しいといえるでしょう。
直接店舗に足を運ばなくても、インターネットを活用すればすぐに契約ができます。

■ auひかりの契約手続きに必要なもの

 

auひかりのキャンペーンや特典内容を理解し、納得ができるのなら契約となります。
契約に必要なものとしては、住所や電話番号です。
特に引っ越し先で契約をする場合は、引っ越し先の住所のメモを用意しておかないといけません。
契約の手続きの手順としては、ショップや家電量販店の代理店での申し込み、公式サイトや代理店サイト、WEBでの申し込み、電話での申し込みなどの方法があります。
どの方法を選択したとしても、開通までの時間が大きく異なることはありません。
ただ、代理店を利用した方が多くの特典を得られるため、基本的には代理店を利用することを意識した方がよいでしょう。
そして、開通後は自分で設定する必要があります。
各種設定をするのはそう難しくはありません。
ただ、安全に行うのなら、やはりスタッフに対応してもらえる場所を選択した方がよいといえます。

■ 契約しているプランを変更する場合の対応

auひかりをこれから契約する人もいれば、すでに契約しているプランを変更する場合もあるでしょう。
auひかりを利用している人は簡単にプランを変更することができます。
戸建てタイプかマンションやアパートタイプかによって変わるのが注意点です。
戸建てタイプの場合は標準プランとギガ得プランもあります。
どちらのプランが適しているかを考えるのはもちろん、変更のタイミングで損をしないといけないことも意識しないといけません。
これはマンションタイプにしても同様です。
プラン変更はあくまでも料金プランの変更のみであり、通信速度や利用機器の変更はありません。
どのプランが最も適しているのかを考えたうえでの対応をするのが望ましいです。
もちろん、その後に変更すること自体は可能であるものの、最初に適しているプランを選択すべきといえるでしょう。
お得なプランに変更したいと考えるのなら、やはりギガ得プランを選択するのがよいでしょう。
引っ越し先でもそのままauひかりを使えて手続きも簡単です。
工事費の残債をキャッシュバックするキャンペーンも実施中です。
家計の通信費を抑えるのはインターネットを快適に活用するためのひとつの方法であり、追加でオプションを加えて楽しみの幅を広げるという手もないわけではありません。
どういった形を選択するのがよいかはそのときによって変わっていくもので、柔軟に対応することも考えた方がよいでしょう。
電話サービスやTVサービスを導入するかという問題もあります。
また、無線ランのレンタルをするかどうかの問題もあるでしょう。
それぞれの生活に適している方法を選択したうえでの対応が肝心であり、auひかりなら幅広いニーズに応えてくれるだけの理由があります。
契約内容や契約に必要なもの、契約するにあたっての注意点などを考慮したうえでの選択をすれば、長期的に利用できる契約となるのは間違いありません。
まずは情報収集をしてから対応しましょう。
©2018 auひかり メディアサイト