auひかりから登場した超高速プランの特長について知りたい!

2020年02月13日


■ インターネットの速度ってどれくらい必要なの?

ネットをしていると、夕方や夜などの時間帯になると画像の読み込みや動画の再生がスムーズにいかないといった経験をされた方は多いのではないでしょうか?
サクサクとインターネットを楽しみたいと思っていても、こうした現象が頻繁に起こるとイライラしてしまいます。
現在多くの家庭で利用されているインターネット回線はADSLなどの従来の電話回線を使用しているものからほとんどが光ファイバーを用いた光回線に移っています。
しかし、いくら高速で使える光回線を使用していても使われている環境によっては思うようなスピードが出ないこともあります。
現在多くの回線業者が提供しているプランは最高速度が1Gbps(1000Mbps)で、それまで業界最速と言われていたNURO光では2Gbpsの速度が出ます。
この速度でも、ADSLの時代と比べれば20~40倍にも速くなりました。
では、一般的に快適にインターネットを利用するにはどれくらいの速度が必要なのかと言うと、実は動画を鑑賞する場合でも30Mbpsあれば充分なのです。
それなのにどうして遅くなるのかと言うと、1Gbpsという数値はベストエフォートという理論上で出る最大の結果を数値として出したものなので、環境によっては思うような成果が得られない場合があるためです。
それでも普段ホームページを閲覧したりメールのやりとりなどで使用するには10Mbps程度の速度があれば充分ですので、その場合は回線が混みあっていたり、回線以外の部分で不具合が起きている可能性も考えられます。

■ auひかりから5Gbps、10Gbpsのプランが登場!

普段ネットショッピングをしたり動画を鑑賞する程度であれば多くの回線業者が提供しえる1Gbpsの光回線でも問題ありませんが、現在ではそれだけではなくインターネットの楽しみ方は多種多様になっています。
中でもデータの容量が大きく、一瞬の判断も必要になってくるオンラインゲームはパソコンのスペックも必要ですが、回線のスピードも重要になります。
また、自宅で動画を見るだけでなく自分で撮影や編集した動画をネットにアップロードしたいという方も増えています。
大きなデータをアップロードする際にも回線速度が速いとストレスが少なくスムーズにやり取りができるでしょう。
こうした用途で利用したいという方に、auひかりが2018年より世界最速となる5Gbps、10Gbpsのギガプランを開始しました。
インターネットの速度に悩んでいるという人にとっては嬉しいプランとなるでしょう。

■ auひかりのギガプランの特徴や注意点は?

auひかりのギガプランの月額使用料は最初の1年が5Gbpsで5600円、10Gbpsで6380円です。
10ギガにすると月額使用料が780円 高くなります。
既にauひかりのプランに加入しているけれど変更したいという場合、従来のauホーム1ギガの料金プランの金額に加えて高速サービスの月額使用料が10ギガの場合1280円、5ギガの場合500円かかりますが、このうち500円は割引きされるため5ギガの場合はauホーム1ギガと月額使用料金は変わらず、10ギガの場合は1280円から500円を引いた780円分だけ高くなるといった仕組みです。
1ギガのプランと金額が変わらないのであれば5ギガプランに変更したいと考える方も多いでしょう。
注意すべき点は、この高速サービスをすぐに解約することになった場合解約金が2500円かかります。
プランの変更には機器を変更する必要があるのでそれも併せて検討しましょう。
また、現在この高速プランは関東の一部のエリアのみしか利用できません。
今後エリアが拡大する可能性もありますが、かなり限定的なプランである点にも注意が必要です。
©2018 auひかり メディアサイト