驚異的な満足度!auひかりの特徴と評判

2020年01月06日


■ auひかりとは?

auひかりは固定回線のインターネットサービスです。
KDDIが提供する光回線を使用しています。
以前、東京電力が提供していた「TEPCOひかり」とのサービスの統合により始まりました。
かつて「ひかりone」として提供されていましたが、現在は名称が変わり「auひかり」となりました。統合前とサービス内容は同一です。

■ 通信速度は?

auひかりは上りも下りも最大1Gbpsの通信速度を出せます。
現在ある光回線の中ではNURO光の2Gbpsが世界最速といわれます。
次にauひかりやフレッツ光の1Gbpsが続くので2番目に速い通信速度です。
1Gbpsもあればインターネットの観覧、動画やゲームなど問題なく利用できます。
一般的にネットを使う場合、2Gbpsも1Gbpsもどちらも速いので体感では判別できません。
コンマ何秒の差しかなく一般家庭で利用する場合、auひかりの通信速度は超高速。ネットを快適に利用することができます。

■ 割引サービスは?

auスマートバリューというサービスを利用することができます。
KDDIは、携帯電話サービスのauを運営・管理しており、このサービスを申し込むと、加入者がauケータイの利用者だった場合に割引が適用されるという嬉しい特典があります。
更に、ひかり電話とauスマホ・携帯電話の通話料だけではなく、基本料金も割引になりますので、固定電話から携帯電話に電話する機会が多いという人には嬉しい割引サービスと言えます。
請求書もauケータイとセットにしてまとめる事が出来ます。
請求書の管理と支払いが一本化されてスッキリするので、家計簿を付けるという方は、家計簿を付ける手間を軽減する事に繋がります。
1人でもご家族でも最大10回線まで申し込みができるので、家族全員がauスマホを利用した場合はその分大きな割引となり、負担料金が少なくなります。
また、ガラケーの場合でも条件を満たせばauスマートバリューの割引を適用することができます。
スマホでもデータ定額に契約していることが条件だったように、ガラケーでもデータ定額プランに入っていることが条件です。

■ 料金は?

料金に関しては、3年自動更新契約のずっとギガ得プランを利用した場合、一戸建てが5,100円、マンションなどの集合住宅の場合は3,800円となっています。
この金額はプロバイダー料金を含めた金額です。
フレッツ光と比較すると、東日本か西日本かで若干の違いはありますが、東日本では、一番安いプロバイダーと契約した場合、一戸建てで5,100円、マンションで3,450円~4,450円、西日本では、最安値で契約した場合、一戸建てが4,110円、マンションが3,430円となりますので、西日本ではフレッツ光の方が安い計算になります。
しかし、これは最も安いプロバイダーとフレッツ光の最安値の合計ですので、自分が契約したいプロバイダーと契約した場合は、これよりも高くなる可能性があります。
しかもauひかりの場合は、ご家族の中に1人でもauユーザーが居た場合、スマートバリューの割引が適用され、auスマホ、携帯から最大で2,000円の割引(最大2年間)が受けられますし、2年を過ぎても934円の割引が続きます。
もし自分や家族の誰かがauユーザーなのであれば、この光サービスの方が長い目で見たらお得と言えます。

■ 対応エリアは?

auひかりの対応エリアは全国です。
あまり知られていませんが、全国展開しているインターネットサービスはauひかりとフレッツ光、フレッツ光の回線を利用した光コラボレーション(OCN光やSo-net光など)と数種類しかありません。
他社の光回線のほとんどは電力会社が運営しています。
その為、光回線の提供エリアは、各電力会社が電力を提供するエリアに限られています。
例えば、関西地方はeco光、中国地方はMEGA EGG、中部地方はコミュファ光、四国地方はPIKARA、九州地方はBBIQとなっています。
auひかりの場合は、前述しましたが、東京電力が提供していた「TEPCOひかり」と統合してできています。その為、全国的にエリアを拡大することが可能となりました。
ただし注意しなければいけない点として、全国エリア対応とはいっても、利用できる地域はフレッツ光と比べるとあまり多くありません。
その為、前もって利用できるかどうかの確認をお勧めします。

■ 評判は?

KDDIが利用者に対しておこなったアンケートでは99.6%が満足と回答しており、驚異的な満足度を誇っています。
自社の調査だけでなく、ICT総研など大手期間の顧客満足度調査でも毎年上位3位以内に必ず入っており、通信品質・料金・サービスが総合的に評価されているのがわかります。
なぜ顧客満足度が重要なのかというと、通信品質がどれくらいか判断することができるからです。
いくら安くても通信品質が悪ければ誰も満足という評価はしませんから、満足度調査の結果を見ればある程度通信の信頼性がわかります。
auひかりは自社・他者という別々の市場調査で高い評価を受けていますから、通信品質がかなり安定しているということがわかります。

■ まとめ

auスマートバリューは、フレッツ光には無いサービスでauひかりの強みです。
通信速度についても、快適にインターネットを利用できる水準を満たしています。
対応エリアは全国とはいえ、フレッツ光と比べると利用できない地域が多いですが、現在エリアを拡大中ですので、近い将来にフレッツ光と同じかそれ以上の利用者数が見込めます。
これらを考慮した上で、auひかりの申し込みをお考えでしたら参考にしてみてください。
©2018 auひかり メディアサイト