首都圏でのauひかりの提供エリアと得する4つの申込方法

2018年10月02日


■ auひかりの提供エリア

auひかりは首都圏1都7県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)においては、ほとんどが使用可能エリアとなっております。
(ただし、4階建て以上のマンションの場合は、建物に設備が導入されている必要がありますので、一度管理会社に問い合わせるか、エリア検索で確認することが出来ます。
3階建て以下のアパートの場合はホームタイプで申し込みが出来ます)。

■ auひかりの申し込みについて

次に、申し込みについてですが、auひかりの初期費用(工事費用)については以下ご覧ください。
<auひかり「ネット」+「電話」をお申し込み頂いた方>
◆ホームタイプの初期工事費用(37,500円)の場合◆
月額625円割引×60カ月=37,500円割引で実質無料
◆マンションタイプの初期工事費用(30,000円)の場合◆
月額1,250円割引×24カ月=30,000円割引で実質無料
また特定の条件を満たした場合、最大で143,500円のキャッシュバックがございます。

■ 最大で143,500円のキャッシュバック条件

auひかりホーム(ずっとギガ得プラン)+ひかり電話+指定プロバイダ+指定オプション+指定サービス+即日申込+auひかりスタートサポート最大 30,000円還元+KDDIから25,000円キャッシュバック(郵便為替)⇒10万5,000円キャッシュバック
また、auのスマホやタブレットを使っていると、auスマートバリューというセット割が受けられます。
割引額は、データ定額のプランによって変わります。
データ定額(G)が30の場合、最初の2年間は2,000円で、3年目以降は934円
データ定額が5・20・LTEフラットの場合、最初の2年間は1,410円で、3年目以降は934円
データ定額(G)が2・3の場合、最初の2年間は934円となっており、3年目以降もまた934円となっております。

auひかりの最も得する4つの方法

auひかりへ申し込むにあたって最も得する4つの方法をお教えします。
まず1つ目は、auショップで申し込むことです。
auのケータイショップで申し込み出来ますが、キャンペーンが少なくキャッシュバックも1、2万円ほどとなっております。
2つ目は、KDDIに電話して申し込むことです。
これといったキャンペーンはなくキャッシュバックもありません。
3つ目は、家電量販店で申し込むことです。
ヨドバシカメラなどの家電量販店にて申し込む方法は、家電やPS4などのプレゼントをしてもらえる事はありますが約3万円までです。
(ただしその際多数の不必要なオプションを申し込まないとそのプレゼントがされない等、あまりおすすめは出来ません)。
最後に4つ目は、代理店サイトで申し込むことです。
auひかりへ申し込むなら、ネットから申し込むのが一番おススメです。その理由は大きく2つあります。
一つ目は、高額キャッシュバックがあること
二つ目は、わざわざ申し込みに行かなくても、5分でネットから申し込めるからです。

■ auひかり電話について

話題は逸れますが、auひかりのひかり電話はおすすめです。
auひかり電話サービスは高品質かつ格安料金の電話サービスです。
プッシュ回線で今お使いの電話番号、電話機をそのままご利用いただけます。
固定電話を持っていない場合は市外局番から始まる番号を無料で発行出来ます。
手続きはKDDIが代行してくださるので、NTTに解約の電話など必要なくスムーズに切り替えられます。
通話料金も断然おトクとなっており、国内の一般加入電話にかける場合、県内・県外どこにかけても一律3分にて8円にて通話できるので、最大90パーセントも通話料がお得になります。
基本料金は月額500円にて利用でき、オプションパック(ナンバーディスプレイ・キャッチホン相当など5つ)は月額500円追加すればつけることができ、最後に通話料金は、固定電話宛ては全国3分約8分、携帯電話宛ては1分16分でつけることができます。

■ auひかりをヨドバシカメラで申し込むメリット

最後に、具体的な家電量販店の一つでもあり、auひかりの申し込み窓口のひとつである「ヨドバシカメラ」で申し込むメリットをご紹介しましょう。
「ヨドバシカメラ」は、首都圏を中心に20数か所のチェーン展開で国内5位(2015年度)の売上高を誇っています。
ちなみにネットショッピングでは、Amazonに次ぐ国内2位の売上高を誇っています。
パソコンやAV機器の販売がメインの「ヨドバシカメラ」ですから、当然auひかりをはじめとするインターネットやケータイ絡みの商品も数多くとり扱っていて、その道のオーソリティーもたくさんいるはずと、相談窓口としても期待は大、なんだか頼もしい存在でもあります。
ここからは「ヨドバシカメラ」で申し込むメリットをご紹介していきます。
まず一つ目は申し込み特典として商品券と現金がついてくるということです。
例えば「ヨドバシカメラ・マルチメディアAkiba店」の場合、2万円分のヨドバシ商品券+戸建ての場合現金1.1万円で計3,1万円といったところです。
auひかりをヨドバシカメラで申し込む手順をお教えします。
最初に、ショップでauひかりを申し込みしたい旨を告げると、専用のカウンターに案内されます。
次に、窓口でauひかりを利用する場所を聞かれるので、それに答えましょう。
その次に、利用する場所が「一戸建て」なのか「マンション(集合住宅)」なのかを告げます。
そうすれば利用場所がauひかりの提供エリアかどうかを調べてもらえます。終われば手続きに入って工事日の調整となります。
首都圏に住もうと考えている人は是非auひかりを検討してみてはいかがでしょうか。

■ まとめ

auひかりのお申し込みでキャッシュバックを多くもらうにはインターネットからのお申し込みが一番のおすすめです。
自宅や職場に居ながら日本全国どこからでもお申し込みができ、最大で143,500円のキャッシュバックを受け取れます。
逆にオススメできないのは、キャッシュバックがもらえなかったり、キャッシュバック金額が少なかったりする為、KDDIへの直接申し込み、またはauショップでの申込です。
代理店経由で申し込んだからと「auひかり」のサービス内容に差異はないので、タダでもらえるキャッシュバックのことを考えたら代理店のネットから申し込みが一番お得になります。
©2018 auひかり メディアサイト