光コラボとauひかりの関係って?よくわからない部分をざっくり説明!

2019年09月10日


光回線ってどんなもの?

引越しなどで新しくインターネットの契約を考えている方や、現在使っている回線から乗換えを考えている方はインターネット回線をどんな基準で選びますか?
速度・使用料金・サービスなど様々な要素が考えられますが、いざ探してみるとどこの回線業者に頼んだらいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?
現在ではインターネットは光ファイバーを用いて通信を行う光回線が主流です。
光回線と言えばNTT東日本・NTT西日本が提供しているフレッツ光を思い浮かべる方もいるでしょう。
かつて電話回線を使って通信を行っていたISDNやADSLが主流だった頃では考えられない速度と安定した通信環境が提供できるとして、フレッツ光は登場した直後から加入者を順調に増やしてきました。
光ファイバーによる高速インターネット通信が可能になったことで、自宅のパソコンで手軽にネットサーフィンや動画鑑賞ができるだけでなく、これまで情報を受け取る側だった人々がSNSへの写真投稿や動画の投稿を行えるようになったなど、インターネットでできることの幅が広がったことは間違いありません。

光コラボの開始

フレッツ光によって光回線を使ったインターネットが全国の家庭に普及するようになりましたが、NTT東日本・NTT西日本はフレッツ光の回線を他の業者に貸し出す「光コラボレーション」という事業を行うようになりました。
その結果、現在では様々な光コラボレーション事業者がサービスを提供しています。
光コラボが開始されたことによって、私たち消費者には価格競争によってより安く良質なサービスを受けられるようになるというメリットが生まれました。
しかし、NTTの代理店や他の通信事業者などの参入によって現在では光コラボで光回線の提供を行っている事業者の数は600社にも及ぶと言われています。
それだけたくさんの数の事業者の中から選ぶとなるとかなり大変なことです。
その中には携帯キャリアのソフトバンクが提供するソフトバンク光やNTTドコモのドコモ光なども含まれています。
これらの携帯キャリアが提供している光回線サービスのメリットの1つにスマホや携帯の契約内容によって月額使用料が割引きされるというものがあります。
家族でソフトバンクの携帯・スマホを使っている家庭ならソフトバンク光を選ぶとその恩恵を受けられるというわけです。
では、ソフトバンクとNTTドコモが光コラボレーション事業者に入っているのなら、auも入っているのではないかと考える方もいるでしょう。

auひかりは光コラボじゃない?

携帯キャリア3社が提供している光回線のインターネットサービスで、実はauひかりだけは光コラボに入りません。
その理由として、光コラボはNTT東日本・NTT西日本が所有しているフレッツ光の回線を借りているというところがポイントなのです。
auひかりが使用している回線は自社で保有しているものの他、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光の回線で使われていないものを利用しているため光コラボには該当しないのです。
NTTの回線なのにフレッツ光の回線じゃないってどういうこと?と思われるかもしれませんが、auひかりでは「ダークファイバー」と呼ばれるフレッツ光の予備の回線が利用されているのです。
予備とは言え品質や速度はフレッツ光と変わりません。
しかし、現在フレッツ光やその他の光コラボの事業者と契約していてauひかりに乗換えをする場合にはauひかりの回線を新たに引きなおす必要があるので注意が必要です。
auひかりには他の携帯キャリア同様に「スマートバリュー」という携帯電話やスマホの割引きが適応されるプランもあります。
もしご家族でauを利用しているという方は、これをきっかけに自宅の光回線もauひかりの加入を検討してみてはいかがでしょうか。
©2018 auひかり メディアサイト