世界最速の光回線。超ひかり10ギガ&5ギガ(auひかり)

2018年07月20日


■ 世界最速の10Gbps

超ひかりとは一戸建て向け契約プランである「auひかりホーム」の加入者を対象に2018年3月から開始した高速通信サービスで、「auひかりホームX(テン)ギガ」と「auひかりホームV(ファイブ)ギガ」の2種類があります。
これらはインターネットを利用する際にアップロード時・ダウンロード時共に最大通信速度が比較的に向上するもので、Xなら10Gbps(毎秒10ギガバイトのデータを送受信可能)、Vなら5Gbpsとなるもので、いずれも従来の1Gbpsを圧倒的に上回っています
ネット社会と言われる現代では高速通信サービスの需要は多く、インターネットの回線を引く際にも通信速度が速いのはどこかという情報は皆さんが多くの関心を寄せられている部分であると思います。
少し前までは10Gbpsもの通信速度を出せるのは大手企業のインフラ程度に限られていましたが、今やそれが一般のご家庭で利用可能となりました。
残念ながら超ひかりを利用できるのは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の中でも一部のエリアに限られていますが、該当エリアにお住まいの方には強くオススメできるサービスと言えます。

■ 利用手続きと各プロバイダー

すでにauひかりを利用されている方で回線速度を変更するためにはWEBサイトなどで手続きをして新型のホームゲートウェイを自宅に設置するだけでOKです。
プロバイダーは「@nifty」「au one net」「BIGLOBE」「so-net」の4つから選択できます。
auひかりの場合はインターネット自体の利用料金以外にプロバイダーサービス料金や機器レンタル料金が基本料金にあらかじめ組み込まれているため、プロバイダーによって毎月の利用料が変わるといったことはありません。
そのためプロバイダーについては受けられるサービスの内容やキャッシュバックの金額によって決めると良いでしょう。
so-netやBIGLOBEは特に評判が良く、前者はセキュリティサービスが2年間無料、後者は初期出張サービスが初回訪問月の翌月末まで何度でも無料と手厚いサポートが受けられるので特にオススメです。
「株式会社グローバルキャスト」さんのauひかり申し込みサイトを経由して契約すると最大で90,000円ものキャッシュバックが受けられます。
またau one netの場合は全てのサービスをauに一元化できるため、料金の請求やサポートを受けたい時の連絡といった手続きを簡略化できるというメリットもあります。

■ 月額利用料と割引サービス

超ひかりを利用する場合、「高速サービス利用料」というオプションの加入が必要となり、その分利用料が上がります。
10Gbps対応のXギガなら1,280円、5Gbps対応のVギガなら500円の利用料がかかりますが、「ずっとギガ得プラン」に加入されている方は「超高速スタートプログラム」という500円の割引サービスを受けることができます。
つまりVギガなら実質無料で利用できるため大変お得で、最速のXギガでも実質780円で利用できます。
この「超高速スタートプログラム」はすでにauひかりホームに加入している方でも問題なく対象となり、高速化に必要な機器の交換も交換(設置)も無料で行えます。
ずっとギガ得プランは3年単位の契約を条件に利用期間に応じた割引を行うプランです。
1年目のネット利用料が5,100円とギガ得プランや標準プランに比べて安い上に2年目には5,000円、3年目以降は4,900円とさらに下がるため超ひかりを利用する場合に限らずお得で使い勝手の良いサービスと言えます。

■ 超ひかりを特にお勧めしたいのはこんな人!

快適なネットライフを送る上で気になる回線速度ですが、特に10Gbpsの恩恵を強く受けられる状況とはどのようなものでしょうか。
前提条件として大容量のデータを一度に送受信するほど回線速度が重要になってきます。
今後スマホのさらなる普及やユーチューバーのような個人で動画コンテンツなどを提供する人の増加によって送信側・受信側共に大容量通信を行う機会が増えることになります。
さらに映像自体も従来のHDやフルHDより高画質な4Kや8Kの登場、立体的な仮想世界を体験できるVR(バーチャルリアリティ)の登場など飛躍的に進歩しています。
たとえば4KはフルHDに比べて縦横共に2倍の解像度(画面に表示される映像のきめ細かさ)を持っているため、4倍のデータ容量を持っていることになります。
そのためインターネットを利用される方の中でも動画やオンラインゲームといった映像コンテンツを扱うか利用する方にとってはデータの保存容量もそうですが同じぐらい通信速度の速さも重要になってくるポイントと言えます。
今後の映像コンテンツの流行に乗り遅れないためにもこの機会に超ひかりの契約を考えてみるのも良いかもしれません。
©2018 auひかり メディアサイト