フレッツ光の転用の是非|光コラボに乗り換えるときの注意点5選

2020年01月17日


■ フレッツ光からほかの光回線に乗り換えるべきか

フレッツ光からの転用はほかの光回線に乗り換えることであり、光コラボの利用者は増加傾向にあります。
多くの方が転用する理由となるのは月額料金が安くなるためです。
さらに、工事費もかかることがなく、簡単に乗り換えられるのも魅力的です。
しかし、安易にフレッツ光からほかの光回線に乗り換えると考えるのは早計といえます。
いくつかの注意点を頭に入れて対応した方がよいでしょう。
まず、速度が遅くなることがあるのが注意点です。
フレッツ光でサクサクとインターネットを使えていたのに速度が遅くなってしまうこともないわけではありません。
2015年~2016年にかけては転用したことが理由で速度が遅くなったという報告が多数ありました。
しかし、2018年になるとほとんど速度が遅くなったという報告はありません。
光コラボの運営側が機器やサービスに力を入れており、速度が安定するようにしたのが大きな理由です。
手続きに関してもショップで対応した場合は2時間~3時間程度かかってしまうものの、インターネットからの申し込みの場合はわずか数十分で対応ができます。
ひかりTVやモデムのレンタルといった継続できるサービスもあれば、継続できないサービスもあることを頭に入れておいた方がよいでしょう。
ポイント交換は必ず乗り換え目に行っておかないといけません。
さらに、フレッツ光の違約金はかからないものの、プロバイダの違約金がかかることもあります。
事前に契約しているプロバイダに問い合わせをして確認しておいた方がよいでしょう。
そして、転用後にもらえるキャッシュバックによってプラスになることも視野に入れておくべきです。
さらに、フレッツ光に戻す場合は光コラボを解約して再びフレッツ光に新規での申し込みをすることになります。
新規工事費や解約金がかかってしまうため、乗り換えた以上はそのまま使い続けることを前提にした方がよいでしょう。

■ 転用した場合における3つのメリットとは

フレッツ光から光コラボに乗り換えた場合には月額料金が安くなるのが最大のメリットです。
さらに、スマホ割でさらにお得になるのも注目点です。
工事費や解約金がかからないのもスムーズに転用に至る理由になるでしょう。
どのプランでフレッツ光と契約を結んでいるのか、さらにスマホ割での割引によって総合的にどれぐらい経済的な負担が軽減されるのかを事前に確認した方がよいでしょう。
長い目で考えた場合、フレッツ光を転用した方がお得であるケースも少なくありません。
迷いがある場合はまず使っているスマートフォンのキャリアごとに選択をした方がよいでしょう。

■ インターネット料金は何万円もの差になる

 

インターネットを使う以上、毎月料金を支払うことになります。
なんとなく選択をしてしまうことで数万円もの差が生じることもあります。
最適な選択があるのなら、気付いた時点で変えるようにするのが望ましいです。
スマートフォンに合った光コラボを選択するのが基本となるでしょう。
フレッツ光の転用においてもそう難しくはありません。
解約をする場合は更新月での解約をすべきで、余計な違約金が発生することはなくなります。
キャッシュバックがあるかどうかも考えないといけません。
しかし、キャッシュバックの申請には請求書が必要となるため、マイページなどを印刷するといった工夫が必要となります。
一概にフレッツ光からの転用をすべき、あるいは留まるべきということではありません。
それぞれが今現在あるいは今後の生活までを考慮してどういった選択をするのがベストであるのかを模索していく必要があります。
©2018 auひかり メディアサイト